NLP

ちょっと前に

「頑張ること」と「やらなきゃいけない事」「と「当たり前」の感覚について呑みながら話をしていたんです。

自分で成果を出すときに一番必要な事がここにあるんじゃないかなと思っているのですが

 

  • 頑張ること
  • やらなきゃいけないこと

 

って他人の目を気にしている意識なんですよね。

当たり前って自分の中からの行動なんですよね

 

 

もちろん最初は誰かがきっかけで行動していかなきゃいけないんだけど

稼ぐ、結果を出すという事は自分の意思でやっている事なので挫けない

そこに当たり前っていう意識が出てくるのかな?って思います。

 

  • 自分がやるべきことは何なのか
  • 自分がやらなくてもいいことは何なのか
  • 自分にしかできない事は何なのか

 

色々考えて行動して、そして、効率化も図って

 

でも、僕自身だいたいの事を1人で仕込んでしまうので効率化をほとんど考えていませんが(笑)

それでも自分で選んだ道は価値を提供して対価をもらえているんだ

 

と思っています。

 

その気持ちが薄い人は自然に稼げないのではないかなと

もちろんそんな気持ちがなくても稼ぐことはできますが

 

あったらより稼げるようになりますよ。

 

ツールもサービスも使いかたを間違えなければ最強のパートナー、分身になってくれますから。

 

20120415_machine02

自動販売機みたいな仕組みは作れますが、その外見が貧相だったら?

自動販売機の仕組みも集客ができないと効果を発揮しません。

 

その自動販売機、大通りに面したところに置きますか?

それとも路地裏の細い道に置きますか?

 

僕なら間違いなく人通りが多い道を選ぶし、きっと誰しもが思うでしょう。

 

 

でもなかなかそんな場所に陣取ることは難しいですよね?

だったら人をその道に誘導していけばいいのです。

 

そのためのひとつのツールが僕が唯一効率化を提案しているメルぞう読者増ブースターになります。

linkbig3

雑な言い方をしたら、チラシを配るのは割と誰でもいいわけです。

集客をするためのメールを紹介するのも実は近いものがあります。

 

大事なのはその自動販売機が魅力的かどうか
求めている商品があるのかどうか

 

ではそのチラシはどのくらいの頻度で配れたらいいですか?

 

  • 毎日1回?
  • 毎週1回?
  • 毎月1回?

 

毎日できたらそれに越したことはないですよね!

 

 

それは僕自身が、飲食店の店長代理で売り上げを上げなければいけない

というか売り上げを上げたらボーナスがあったので(笑)

 

毎日やっていました。

 

バイトも毎日同じ人ではないですし、配りかたの上手下手があります。

 

それでも配らない時に比べて売り上げは大きく違うのは想像に困らないでしょう?

 

メルマガ読者増ブースターはそのチラシ配りの部分を担当しています。
通常なら自分自身がやることをバイトを雇えるわけです。

そう、この読者を増やすためのステップメール(決して売り上げを出すものではありません)の原稿を提供しています。

もちろん、鮮度が命!ほとんど毎日新しい原稿が追加されています。

 

その間に自分は?といったら

  • お店の準備
  • 提供する商品の質を上げる
  • リピーターになるような工夫をする

 

などなど違う事に力をつかえます。

少しでも稼ぎたいと思っていて、稼げていないならその部分をもう一度考えてみてはいかがですか?

無料で毎日1~3通メルマガテンプレートをプレゼントしていますのでそれだけでも見る価値がありますよ。

今ならなんと3/31日まで有料サービスを申込したかたは最大10倍の特別紹介報酬を設定させてもらいます

linkbig3

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事