ニュープロ
海原
こんにちは海原です。
今回はどうしてニュープロで自分を成功体質にする事ができるのか
そのヒミツの根本をお話しますね!
太郎
成功体質の本質!
僕にも理解できるかな?
海原
大丈夫、わからなかったらその時に改めて質問してね!

ベストセラー作家角谷リョウのニュープロ!
無料教材請求方法もコチラでどうぞ。

➡ ニュープロ無料教材


■ニュープロで成功を引き寄せる無料レポート集【Vo.01】

【Vol.1】望む成功に導いてくれるマジックキングダム

ここからコンテンツがダウンロードできます。

➡ 【Vol.1をダウンロード】

スポンサーリンク

ニュープロとは

まず、ニュープロとは脳神経言語プログラムと呼ばれているもので

自分で認識できる感覚をコントロールするためのプログラムです。

自分で認識できる感覚って何がありますか?

多くの人は5つの感覚を認知することができ

ごくまれに霊能力・超能力の第六感を感じる人がいて

聖闘士星矢みたいに第六感を超えた先にある
第七の感覚(セブンセンシズ)まで到達する人には私は会ったったことがないのですが

通常は

  • 視覚
  • 嗅覚
  • 聴覚
  • 触覚
  • 味覚

これらの5つの感覚を認識しているはずです。

特別な人間のような感覚を持っていなくても大きな成果を手にする、成功できるように動ける体質になれるのがニュープロなのです。

海原
ニュープロって日常、今この瞬間も自分で使っている事を改めて使うっていうことなんだ!
太郎
僕、多分第六感は感じているかも!
海原
マジで!

五感をコントロール

私達は「視覚」「嗅覚」「聴覚」「触覚」「味覚」を使って物事を感じています。

例えば、うな丼を食べるときには

視覚、嗅覚から

「精力がつきそうなうな丼!!」

と感じて聴覚、身体感覚(触覚)、味覚を使って味を感じます。

これを感じるの得意だよ!
うな丼大好物♪
スポンサーリンク

感覚を言語化する

先ほどの五感を使って感じたことを私達は言語を使って意味があるものにして認識します。

「山椒の匂い」、「うなぎのふっくら加減」等と情報を言葉に変換しています。

わん!わわん!わぉーーーん!
にすべてが集約されていく!っていうことかな

自分にプログラムする

先ほどの言語をもとに人間の脳はプログラムを作り出します。

そして、その作ったプログラムに従って行動するようになります。

このプログラムとは感情や行動パターンになります。

うな丼が好きな人には、うな丼、もしくはうなぎを見た時に「美味しそう」「大好き」「食べたい」と、感じるプログラムができます。

これが自分がひそかに自分自身に行っているプログラムなのです。

誰でもできるように体系化

ニュープロはこういった自分自身を良い方向にコントロールする事ができるプログラムを作り、脳と心を楽しく前向きに活用するためのものです。

海原
脳の中のプログラムを整理していくっていう事だよ~

だから成功体質になれる

もしあなたが「仕事ができなくてもうだめだ」と思っていたとします。

これってマイナスの感情で行動している状態になるのですが、この状態はビックリするくらい簡単にプラスに変える事ができます。

なぜなら、自分の望む結果を出すために、マイナスのプログラムをどうやってプラスのプログラムに変えればいいのかを知ることができるのがニュープロだからです。

プラスのプログラム、それも仕事で結果を出せるようになる行動をする事ができるプログラムをインストールする事ができたら、もはやそれは成功体質以外のなにものでもありません。

だからあなたも成功者に間違いなくなることができるのです。

海原
楽しい事だけで生きたいでしょ!
それがニュープロだと可能になるんだって!
楽しい事最高!

ニュープロを直に体験してみよう

ニュープロを教えてくださっているのが、私のメンターでもある角谷先生。

私もニュープロを学び、成功体質に変化させることで、多くの結果を残してきました。

そしてこれからも間違いなく成果を産み続けます。

今までは直接教えてもらう機会はなかなか無かったのですが

先月からニュープロセミナーを角谷先生が自ら開催しています。

このセミナーではニュープロの成功体質になるプログラムを

その場で体験する事ができる

まさに成功体質になる自分を感じる事ができる時間です。

いつまで開催されるかわかりませんので

こちらからチャンスは逃さないで掴んでくださいね!

他の誰でもないあなたが理解して成功できるチャンスです。

ここからお申込みくださいね ➡ https://bizmental.com/seminar/

海原
私も当日会場にいますので
声かけてくださいね~♪

ニュープロ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事