NLP
ニュープロ

ニュープロの加速学習で自分のステータスをあげませんか!って

加速学習と急に言葉が出てきてなんとなくわかるような気がしてなんとなくわからないかもしれませんね。

加速学習っていうのは効率的に自分の脳に情報や経験をインプットして効率的に最短で自分のものにすることです。

たくさんの能力が自分のものになって使えるようになったら最高ですよね。

今回は「それを可能にするためにどうすればいいのか!」

シンプルで効果がでかい方法をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

インプットはアウトプットするために行うものです。

インプットはアウトプットするために行なっていると思います。

単純に趣味で情報が欲しいと思っているなら別ですが、 ほとんどが自分が有効に使いたいと思っているからインプットしてるんではないでしょうか。

ですが1回インプットしただけではなかなか自分のものにすることはできません。

吸収が早いと言われている子供の頃ですら学校で何回も繰り返しインプットしていましたよね。

ただ違う事と言えば、子供の頃は目的が分からないままインプットをしてきたのに対して、 大人はきちんと目的をもって情報をインプットしてるはずです。

それなのに目的を見失って目的がないような感覚でインプットしている場合があります。

そうなってしまうとインプットできる割合が非常に少なくなってしまいますのでもったいないですね。

集中してインプットすることをお勧めします。

ですがそんなに集中してられないですよ疲れちゃいます。と思うかもしれません。

そこでニュープロでは様々な角度からインプットが【楽しい】と感じる環境を自分で作ることができるようになれるのです。

楽しいことは集中して取り組みたいですよね。というか取り組んじゃいますよね!

つまり効率的なインプットができるような状態になるんです。

伝える前提のインプットをしましょう。

そこで伝える前提のインプットをしてみましょう。

ここで大事なのは意識の在り方です。

伝える前提のインプットをしましょうと言ってもその効果を大きく左右する要素を設定しているか設定していないかでさらに効果が変わってきます。

それが、誰に伝えるのかを決めてから伝える前提のインプットをすることです。

多くの人の話を聞くと「誰に伝えるのかを決めてから」という部分がすっかり抜けている方が多いんですね。

そうなってしまうと結局はどんな人が来ても答えられるように全ての事を勉強しないといけません。

それは素晴らしいのですが本当に全て必要なことでしょうか。

それに対して伝えるべき相手が決まっている場合。

自分が何をインプットしてどういう表現をしたら相手の助けになるのか、 相手が笑顔になってくれるのか想像しやすいと思います。

そして相手が喜んでくれて、その言葉自分にとっても喜ばしいことであるという前提でインプットをしましょう。

つまりは、効率的な加速学習をするには win-win を意識していると成立するんですね。

つまり無意識の中ででも自分がインプットする理由、 これを明確にすることができるので行動に迷いがなくなるのです。

誰かに伝える前提でのインプットつまりは加速学習ですがあなたは伝えるべき相手は決まっていますか?

もしまだ決まっていないのであればあなたが大切にしている人に伝えたいと思ってインプットしてみてください。

相手に対してのラポールも感じられるとさらに効果的ですね。

スポンサーリンク

ニュープロセミナーで加速学習を実感してください。

ニュープロセミナーでは必ず相手がいるワークを行います。

この時に加速学習がメインではないのですが、結果、そうなるように内容をプログラムされているので、すぐに自分自身で経験することができます。

そしてそうなるようになっている環境の縮図がセミナーで体験できるのですから、まずは自分自身がどう変わるのか経験して感動してみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事